読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青髭解消

髭をそろう!髭が似合う人似合わない人
それぞれいると思います。

今回は髭が似合わない人を対象にお話をさしてもらいます。

まず、青髭についてですが。
青髭がなぜ印象に悪いのかをまず考えましょう。青髭とは読んで字のごとく
青っぽい髭のことです。髭の生えたてのときに青く見えます。つまり髭を剃ってその次の日あたりに生えかけの髭がちょうど青っぽく見えるのです。

青っぽく見える原理は肌からほんの1ミリ出ていたら肌で髭の黒い毛が肌に隠れつつの、ちょっとだけ肌からはみ出しているので薄っすら髭が見える。
言い換えれば薄い肌の下に髭があるので
黒が肌色と交わり青っぽくみえるのです。

これがボーボーならまだ黒く見えますが、このちょっとだけというのが問題なのです。

これらのちょっとだけはみ出している髭

いわばここでは   はみ髭ちゃん  と言い換えましょうか。

この、はみ髭ちゃんは何回剃っても剃っても
見えてきます。

これではきりがありません。おそらくこれはあなたが、1番わかっていると思います。


では、どうすれば青髭は解消されるのでしょうか?


髭を深ぞりする!

残念、それは大きな間違いです。深ぞりをしてしまうと、次は肌が傷ついてしまうのです。

では髭を抜く!!

またまたこれも残念無念。
なんとこれは色素沈着になります。

ん?
色素沈着って?

おそらく知っている方は知っているかもしれませんが、色素沈着とは肌に色が沈着する。

つまり、髭を引っこ抜いたときにヘモグロビンが発生するのです。

このヘモグロビン、あなたも知っているはずです。。

ヘモグロビンとは血の中にある成分です。

どうやら髭を引っこ抜いたときには
このヘモグロビンが反応してしまうよーなのです。

これは髭をそっと抜いたときでも同じです。

はっきり言ってしまいますと、髭を抜いた時点でアウトなんです。


確かに髭を抜いたら見た目も綺麗ですし、中々髭が生えてこないので、髭の処理も1ヶ月に1、2回ですみます。

ですのでいいと思われるのですが、

例え髭が抜いた時に一時的に髭が身体の中から消えても


髭の親である
毛母と言われる器官があるのですが、

毛の母ってそのままやんって思った方、
私もです笑

この毛母って器官があるかぎり、
ずっの髭は生き続ける。

髭は生まれ続けるのです。


では、髭を剃っても、髭を抜いても、
青髭


何をしても青髭になってしまうあなたのお髭、


あなたも知っている通り、脱毛しかないのです。


えー脱毛って金かかるやんって、
あなたは思いますよね??

 

実はお金がかからない!

今の時代は安く脱毛できるんです!

髭剃りなんてしなくていいんです!


2000円も出せばいちいち
電動カミソリや
カミソリの刃を替えたりしなくてもいいし!

安いし、カミソリより綺麗に髭を処理できるこの脱毛クリーム。


もう髭剃りも髭抜きもやめましょう!
これからの時代は脱毛クリームです!