読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ寝具にこだわらない。こだわるのだ。

あなたはなぜ寝具にこだわらないのですか

もっと寝具にこだわりましょう。

寝具には人を安眠させる力があります。

あなたはベッドで寝ていますか?
それとも敷布団で寝ていますか?

これはどっちでもいいのですが、

ベッドだと寝相が悪いから落ちるのが心配って方もおられるみたいです。

私は別に気にならなかったんですが。
よく漫画やドラマでよく寝相が悪いからベッドからバタンと落ちてしまうシーンってみたことありますよね。


でも実際はベッドから落ちるってことはないみたいです。

不思議なんですが
ありそうでないのです。


なぜかというと、人間は寝相が悪いときは、そこにとどまっていて、寝苦しいから。

つまり、寝苦しくてジタバタジタバタしてるから朝起きたら無意識の内に一回転をしているのからなのです。


これは身体にとっても相当負担がかかっています。

なぜなら、無意識の内にそれだけ一回転回っているってゆーことは

人間が反射的に熱いものを触ったときにビクッと反応し、パッと手を退ける。

この行為っていうのは相当パワーを使っています。

だって自分の意思で動いてないからです。

人間は本当に賢くて、考えいなくても自分に危機が訪れようとすると勝手に身体が動くのです。


それが寝ているときに反射的というか、
無意識の内に一回転も二回転もしているのは、とても身体に負担がかかってしまう。


なので、私はベッドをおすすめします。


敷布団でのデメリットもついでにお話しします。

ベッドから転げ落ちて頭うったら怖いって思っている方もちょっと考え直してほしいです。

敷布団のデメリットは床にあるゴミや埃などがもろに受ける。

つまり、床っていくら掃除してもチリや埃は僅かにでもあります。


これが一人暮らしの男性ならとくに
部屋は汚いはずです。

そうすると寝ている無意識の内に身体を埃で悪くする。

ベッドも埃はあるのはありますが、
地べたで寝ている敷布団よりは軽減されます。


現代のほとんどの方がベッド寝ているので、この期にベッドに変えましょう。

 

ベッドのあなた、そして敷布団のあなた。

とくに今回こだわってほしいのは
マットレスです。


このマットレスが自分に合ってるのか合ってないのかちゃんと調べてますか?


実際に自分で調べて、自分で調整しないといけません。


あなたはほとんどマットレスにこだわらずに適当に決めたかもしれません。


ですので、マットレスを自分にあったものに変えてほいです。


人生の半分は寝る時間です。

 

その人生の半分もの時間を快適にするために、もう一度この寝具専門のサイトで
自分にあった寝具を見つけて下さい。


きっと人生の半分の睡眠の時間を快適にしてくれます。

 

寝具にこだわるということは、人生の半分をこだわるということ。


寝具にこだわらないということは、人生の半分をこだわってないのです。

 

しっかり今一度あなたの半分の人生のために寝具にこだわりましょう。