読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GANTZ 激安

 

皆さん!

今回は漫画について語っていきますね!


この記事を読んでGANTZを読みたくなって頂ければ幸いです。


ではでは、
よろしくお願いします。


早速このGANTZとはどういった話かをザッとお話します。

GANTZとは黒いビー玉のような球のことをいいます。

このビー玉のような黒い球が人間が入れるくらいの大きさに設定されています。


その黒い球をGANTZと呼んでいます。


このGANTZの中にいる人間は人間ではありません。

いわば神様の部類にはいる生き物です。


もっと言えば宇宙人か、神か、どっちかです。

このGANTZの中にいる生き物が
死んだ人間を使ってゲームをしていくのです。


死んだ人間を使ってってどういうことってなりますよね。


このGANTZは死んだ人間を生き返らせることができるのです。


例えばガンで、死んだ人間。
電車でバラバラになって、死んだ人間。
暴走族で交通事故で、死んだ人間。
飛び降り自殺した、死んだ人間。


死んでしまった人間を生き返らせることがでるのがGANTZの能力です。


その死んでしまった人間を使ってGANTZはあるゲームをします。


それは狩りです。

宇宙人を狩りにいって、制限時間以内に生き延びていけば、自由にまたこの世で生きることができるのです。


しかし、このゲーム内で宇宙人にやられてしまったらゲームオーバー。

つまり、元の世界に戻れず、もう一度死んでしまう。


せっかく生き返らせてもったら命を
この死んでしまった人間たちは、

生き物を殺したことがないのに、
宇宙人を狩らなければならない。


はじめは、皆んなビクビクしているけど
みんな必死に生き延びるために

宇宙人を全力で狩りにいく。


その本当に切羽詰まった人間。
余裕がなくなった人間たちが、どのような行動をとるのか。


またそのゲームで生き返った人間が
もし、イジメられて死んだ人間なら


この世に戻れたとき


この世界でどのような行動をとるのか。


復讐しますよね?


自殺した人間がもう一度
命をもらったら

やり残したことを行動に移しますよね?

 

また、人生生きていてもつまらないと感じているあなた

このGANTZの主人公もそう思っていました。

 

しかし実際死に対する恐怖、命の大切さ、命のはかなさ。

この命に対する価値を学んでいく主人公。

 

この主人公の考え方が変わっていくのを共感しながら物語に入り込めます。

私が思春期の時にこのGANTZを読みまして考え方も変わりましたし。

何より読んでいてとても楽しめました。

 

人間が死に追い込まれた時にどのような考えを持ち、人それぞれの考えで人々の運命は

どのように変わっていくのか、

 


これを、リアルに描いてある作品です。

グロテスクなシーンもありますし。
奥の深い話もあります。


基本的に生き延びるために
どういう行動をとるのか、

バイバルですね。

こういう漫画はあまりないので、
珍しい話になっています。


ですから、この漫画はおすすめです。


この漫画は一冊600円するので、全巻買おうと思ったら2万2千円かかります。


しかし、このAmazonの通販サイトを使うと8000円で全巻買えるので。


是非読んでみて下さい。