読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自宅でカフェ

 

自宅でカフェできます。


カフェに行ってしか飲めない味ってありますよね。


その味を家で味わえるんです。


なぜなら、カフェの文化の本場、イタリアを代表する2人のコーヒー職人が作った


コーヒーだからです。


プロがこだわりぬいた、
コーヒー豆です。


この極上のコーヒーを今回は2通りの方法で楽しめます。


一つ目は こだわりたい派には 豆のまま

二つ目は お手軽派 には 粉で


この2通りを選べます。

 

本格的にコーヒーを楽しみたい人は

豆のまま購入して下さい。


そして、ご自分で豆を砕いて下さい。


お手軽に飲みたい人は
粉の方を購入して下さい。

 

では、ここで、コーヒーのおいしい淹れ方をお教えします。


必要なものがあります。
ペーパーフィルターとサーバーとドリッパーです。

ペーパーフィルターは安いもので100円からありますので、
興味のある方は100円で購入してみて下さい。

サーバーとドリッパーはニトリとか、家具屋さんに行ったら

1000円ぐらいで売っています。

 

めんどくさい人は粉を購入しお湯で溶かしてお飲み下さい。


十分おいしいです。

 

では、その3点を持っている人は


豆だけを購入して、


おいしくいただきましょう。


サーバーは花瓶みたいなものです。


ドリッパーとは、底なしカップみたいなものです。

 

ざっくり豆からコーヒーを飲む方法を説明します。


ドリッパーという紙に豆を入れて。


ドリッパーという、底なしのカップにお湯を入れます。


このときに、サーバーとくっつけます。


イメージとしては、
サーバーの上にドリッパーがある感じです。


サーバーが花瓶で、ドリッパーが底なしのカップのイメージですね。

 

それをくっつけることによって、
下のサーバーが蒸気のような役割をして、
ドリッパーがその蒸気を受けて豆を沸かすというイメージです。、


おそらくやってみないとイメージはつかないかと思われます。

 

ペーパーフィルターにいれた豆を

お湯を入れたドリッパーにセットします。


簡単にいうと、

下から、サーバー、ドリッパー、ペーパーフィルターのだんご三兄弟ですね!

 

そーすることによって、

なぜわからないですけど、魔法のように、
ふわふわと豆が湧きます笑笑


すみません説明下手で笑


コーヒーの淹れ方をあまり詳しくないもので笑


ご了承下さい笑


面白半分でこの書き込みをみていただければ幸いです。

 

で、ふわふわになった豆にお湯を「の」の字を書くようにお湯を注ぐと


香り高い極上のコーヒーの出来上がりです。