読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

消防士が訓練中に死亡。

東京にある府中市

 

東京消防庁の訓練施設で、

 

 

23歳の男性隊員が宙づりになってぐったりしているのが目撃されました。
その後、まもなく死亡が確認されました。


 26日午後3時半ごろに

 

府中市東京消防庁・府中消防署の朝日出張所で、

23歳の男性隊員が首にロープが絡まり宙づりになっているのを職員が発見しました。

 

 

恐らく自主トレーニング中に誤って
首にロープが巻きついた模様。

 

 

 男性隊員は府中消防署に所属する
消防副士長です。

 

 

意識不明の状態で病院に運ばれましたが、

 

 

その後、死亡が確認されました。

 

訓練用のロープは高さ7メートルほどの場所に張られておりました。

 

 

当時、男性隊員が1人で訓練していたとみられるということです。

 

警視庁は、男性隊員が訓練中に誤って宙づりになったとみて、

事故の原因を詳しく調べています。

 

 

副隊長でもこういうミスをしてしまうのですね。

 

 

しかも、命まで落としておられるので

 

 

非常に残念な事件でございます。

 

 

ご冥福をお祈り致します。