読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖父の顔面をハサミでめった刺し クズ男逮捕

「ホント、クズでした」
と知人はこの犯人のことを言っております。

 

東京・調布市の都営アパートで、


自分の祖父の山本一夫さん(89)を
殺害して財布を盗んだ強盗殺人容疑で


27日に逮捕された
とび職人の山本裕也容疑者23歳。


一夫さんの年金支給日のたびに金の無心に訪れ、
ギャンブルで使い果たしていたといいます。

 

裕也容疑者は昨年夏ごろ、

一夫さんの家に居候しておりました。


その際に自分のおじいちゃんに金をたかることを覚えたようです。


家を出た後も、


『頼れるのはおじいちゃんだけ』


などと、会うたびに2、3万円をたかっていました。


一夫さんがやめてくれとうったえ始めると、


裕也容疑者は施設に入所している祖母を訪ねるようになります。

 

一夫さんは金を渡さないように注意していたそうです。


裕也容疑者は年金支給日の今月15日に一夫さんを訪ね、

 

突っぱねられたことに逆ギレして、

 

ハサミで顔や頭をめった刺して殺害したとみられています。

裕也容疑者は一夫さんを殺害したすぐ後

 

現金2万3000円の入った財布を盗んだといいます。

 

しかし、逮捕時の所持金はわずか15円だったといいます。

 

まさに、クズ。


自分のおじいちゃんを殺してさらに、
金をとり


そのまま金をその日に使う。


考えられない。関係者によると、

東京生まれの裕也容疑者は、

都内の高専を卒業後、塗装業など職を転々。

新宿・歌舞伎町のホストクラブでも働いていたという。

元同僚ホストは
「当時からホント、クズでした」とこう明かしております。


こちらが元同僚のホストの証言です。

「昨年初めごろから半年ほど働いてましたが、

態度が悪く、注意してもほとんど言うことを聞かないヤツでした。

服装もダサくて、周りから服や食事を恵んでもらっていた。

よく分からない変な女を店の寮に連れ込んではエッチばっかりしていたので、

『いい加減にしろ』って怒ったこともあります。

店のオーパス・ワン(カリフォルニアの高級ワイン)を勝手に売って、

店長にボコボコにされたこともありましたね。

それでも住む家がないから、

かわいそうだとクビにはならなかったのに、

ある日突然、飛んで(消えて)しまって、とことんクズだな~って思ってました」


とのことです。


すごいですね笑

 


裕也容疑者は事件について
「知らない。別にどうでもいい」

と供述しています。


反省した様子はないそうです。

 

このような男は珍しいですね。